双極性障害の症状を把握して治療に望むことが大切

双極性障害Navi

双極性障害の原因

絶望する男性

双極性障害の注意すべきこと

私たちの身の回りには多くの病気があります。常に健康状態を維持するためには、普段の生活習慣に気をつける必要があります。栄養バランスのとれた食事をとる他にも、十分な睡眠や適度な運動が大切です。しかし近年、生活習慣の乱れが目立っています。また、日本は過労が多い国でもあるため体調不良を引き起こす人も多く見受けられます。ストレス社会の現在、病気を発症する人も多いでしょう。ストレスが原因でなる病気は多いものですが、その中の一つに双極性障害が挙げられます。双極性障害の原因は不明ですが、ストレスが関係しているといえます。また、睡眠不足なども挙げられるため普段の生活には十分に気をつける必要があるといえます。

症状の理解と対応策について

双極性障害は、誰でもなりうる可能性がある病気です。また、脳の病気とされているため気をつけなくてはいけません。双極性障害になる原因の一つには、遺伝子が挙げられます。遺伝子でも、必ずなるとは断言することは出来ません。しかし、実際に双極性障害になった患者の中で一卵性双生児の患者が多く見受けられます。そのため、遺伝子も関与しているといえます。双極性障害は、治療することで改善することが出来るため早めに治療を受ける必要があります。また、再発する可能性もあるため自己判断で治療をやめてはいけません。双極性障害を受け止めて治療に専念することで早い社会復帰が見込めるといえます。双極性障害の治療には、様々なものが挙げられるため医師と相談して治療に励むと良いでしょう。

双極性障害はうつ状態と躁状態とでは対応方法が異なるため注意する必要があります。 その日に状態を観察し、適宜対応していくことが必要になります。 うつ状態の症状には、自殺企図が一番怖いため自殺をしない約束をすること、被害妄想などに関して曖昧な対応はせず、しっかりと傾聴する(否定も肯定もしない)対応が大切になります。 躁状態の症状には、感情は高揚状態となり、多弁や誇大妄想が多くなります。 ですので、睡眠不足に陥ることがあります。また、自分の大切にしているものなどを気前良くどんな人にでも分け与えることもありますので対応には注意が必要です。 うつ状態と躁状態の症状をしっかりと確認をして、状態に合わせた対応が必要になりますので、非常に介護者にとってもストレスが多くなります。 双極性障害をもった人だけではなく、サポートするスタッフのケアも非常に大切になります。

双極性障害と聞くと馴染みは薄いですが、うつ病や躁病と聞くと馴染みがある人が多いと思います。 双極性障害とは、うつ病と躁病を合わせ持った障害の人のことをいいます。 症状としては、うつ病の被害妄想や閉じこもりなどの状態と、躁病の誇大妄想や精神運動興奮の状態が繰り返し出現することがあります。 共に対応方法が真逆と言ってもよい程、異なっています。 双極性障害になる原因は未だ不明ですが、20代に多いことから社会でのストレスが大きく影響していると考えられています。 治療法としては、精神安定剤などの薬物療法、心理療法、社会的サポートが主となり、医師や看護師、薬剤師、作業療法士などが包括的に関わり、サポートしていきます。

うつ病の症状

双極性障害には、うつ病の症状が挙げられます。うつ病は、基本的に気分が沈んだ状態が続く他にも最悪な場合、自殺を図ることもあります。そのため、早めに治療を受ける必要があります。

詳細を読む

躁状態になる

双極性障害の症状には、躁状態が挙げられます。躁状態の場合、自分では何でも出来ると思い込んでしまうこともあるため、様々なトラブルを招いてしまうことがあります。また、周囲にも迷惑をかけることも多々あります。

詳細を読む

早めに相談する

双極性障害を発症した場合、自覚症状があまりないため気づかない人も多いものです。しかし、躁状態とうつ病の症状が現れるため普段よりも違和感がある場合、医者に相談すると良いでしょう。

詳細を読む

↑ PAGE TOP